男女

条件の良いネイリスト求人を探すなら|専門の求人情報サイトが最適

  1. ホーム
  2. 建物を設計する仕事

建物を設計する仕事

図面

仕事内容や就職先

人が住む家や商業施設などのすべての建物は、建築士が設計しています。また建物の建築現場で監督する仕事も建築士の仕事です。そんな建築士になるためには、資格を取得する必要があります。建築士には三つの資格があります。木造建築士・二級建築士・一級建築士です。木造建築士は、延べ面積三百平方メートル以下の木造建物の設計・工事監理を行うことができます。二級建築士は、延べ面積五百平方メートル以下の建物の設計・工事管理を行うことができます。一級建築士はあらゆる建物の設計・工事管理を行うことができます。一級建築士になるにはまず二級建築士の資格を取得し、現場で経験を積みながら取得を目指す方法が一般的です。資格以外にも建築士には様々なスキルが求められます。例えば設計するときのデザインセンスです。個人の家を設計する場合は、顧客の求めるものを把握し、デザインで表現する必要があります。公共施設を設計する場合は、誰もが快適に過ごせるようなデザインを考えることが重要です。また建築現場での作業員との意思疎通のために、コミュニケーション能力も必要と言えるでしょう。様々な建物を設計できる一級建築士が就職で一番有利な資格であることは間違いありません。現在一級建築士の様々な求人があります。一番多い求人は、やはり建築設計事務所です。将来的に独立して事務所を開きたいという人は、建築設計事務所の求人を探すと良いでしょう。そのほかにも建築会社やハウスメーカー、自治体の都市開発部門など、一級建築士の求人は探せばたくさんあります。